経営業務管理責任者を詳しく解説!

経営業務管理責任者とは

まず、建設業許可を受けるための5つのポイントをご確認ください。

ここでは、1つ目の要件である『経営業務管理責任者』とはどういった要件なのか

詳しく見ていきましょう。

経営業務の管理責任者がいること

経営業務管理責任者とは、法人の場合は常勤役員、個人の場合は事業主または支配人で、経営業務を総合的に管理し、執行した経験を持つ者のことをいいます。
この経営業務管理責任者は営業所(本社)に必要です。上記の方なら誰でもなれるわけではなくある一定の要件が必要となります。
その要件は下記の3つのうち何れかに該当することが必要です。

要件①許可を受けようとする建設業に関して、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。管理責任者とは法人の役員、個人事業主、支店長、営業所所長、支配人登記された支配人などのことをいいます。
要件②許可を受けようとする業種以外の建設業に関して、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。
要件③許可を受けようとする建設業に関して、7年以上経営業務を補佐した経験を有していること。【補佐した】とは法人では役員に次ぐ人(部長職など)、個人では家族、共同経営者などがこれに当たります。

※はっきり分からない方は初回無料でご相談頂けます。お気軽にご利用ください。

お気軽にご相談下さい<メールからのご相談は>
下記のボタンをクリック下さい。
メールでの無料相談は24時間受付中!

<建設業許可に関するご依頼・ご質問はお電話又はメールフォームから>

 
運営:山口行政書士事務所
営業時間:AM9:00~PM7:00(月~金曜日)

ご依頼フォーム 無料相談

ページTOP へ